月窓亭だより

種子島赤尾木城文化伝承館

Category [むかしばなし ] 記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっきゅう (パチンコ)

2_20111102143717.jpg

秋は渡り鳥の季節である。
種子島の漁師はこの秋に、ちょうど馬毛島の北端と開門岳の間から吹いてくる北西風を「小鳥渡し」と呼んでいる。
運動会で賑わうころ、小鳥たちは風を利用して群れをなし、暖かいこの島へ越冬にやってくる。
たとえば、ヒヨドリ、サギ、セキレイ、ツグミなど、五十種類以上が挙げられる。

種子島の子供たちはこの渡り鳥の季節になると「どっきゅう」とよぶパチンコを作る。

ビワやトベラなどの木の二又になった小枝を見つけて外皮を剥ぎ、糸でU字型に固定し火にあぶる。
ヒモは自転車のチューブ等のゴムが使われた。石を挟む所は特に柔らかい皮を当てた。
丸い小石をポケットに入れて野鳥に放ち捕獲するのである。


この「どっきゅう」はいつごろ伝来したか不明であるが、中国との交流がさかんであった種子島の歴史の落し物であろう。
中国では「弩弓(どきゅう)」と呼ぶ。
ゴムが使用される以前は立ち木のバネを利用したのであろう。
それにしても中国の遊びがいつの時代にか伝来し長年通過した今でも絶えることなく呼称を正確に伝えてくれていることは、単に子供の遊びとして単視出来ない一民族の貴重な資料である。

この他「突く鉄砲」などがあった。

(広報にしのおもて 市政の窓 昭和58年11月号)
スポンサーサイト

綱引き

7.jpg

旧暦8月15日は十五夜。全国各地で古くから伝わる、名月の鑑賞行事が行われる。

種子島ではこの晩、縁側にススキ、ケイトウ、ハギを生け、ツノマキを供え、つきの中でモチをつくウサギを見ながら一年の豊作に感謝して秋の夜長を楽しんだ。

一方、各地区の大道では綱引きがあった。
十五夜が近づくと、地区民集って、握り飯を持ってカヤ引きに行った。それぞれ引いたカヤは山中の松の枝に下げられ、ヨイショヨイショと掛け声をかけ練るのである。
一日がかりで直径二十㌢程度の頑丈な綱が作られ、日没後にこの綱を担いで歌を歌いながら岐路についた。
この綱は十五夜の晩まで公民館の中に大切に保存された。

当日は、地区の中央の道路で上・下に分かれて引き合う。

絵のように、最初に口上を唱えて「十五夜お月さま まつりあげて…ヨイヤサ ヨイヤサ」と引くのである。

先輩たちがいたづらをし、綱の後を電柱やトラックなどに結びつけたりするので、引く子供たちは大変であった。

こうして一晩引くのであるが、車が多くなり、道路でのゲームが禁止され、学校の校庭へ移っていった。
そしてカヤを引くこともなくなり、次第に姿を消していった。
綱を引くことだけでなく、綱を作る過程そのものが子供たちが共同生活になじんでいくための大切な教育の場であった。

(広報にしのおもて 市政の窓 昭和58年10月号)

アーケージョウ捕り



種子島ではトンボのことをアーケージョウと呼んだ。
菜種の花につくハエはアーケージョウの好物。

「アーケージョウとまり申せ。菜種子蝿食わしょう」

と唱えながら人差し指にツバをつけて、トンボの眼前でクルクル回して素早く捕まえる。

この他に、7~8月ごろ、稲刈り後の田んぼでボーザケ(ギンヤンマ)捕りがあった。
捕まえたボーザケを糸で結び、竹にくくって飛ばしながら、「ホーホーホエホ」と掛け声をかけるとどこからともなく仲間が飛んできて糸にくくったボーザケにとまる。
それを慎重にホーキや帽子をかぶせて捕まえる遊びで、日の暮れるのも忘れて、この田んぼ、あの田んぼと走り回った。

(広報にしのおもて 市政の窓 昭和58年4月号)

勘助大工

「ご免なり申せ。棟梁はおじゃり申すか」
と、十四・五の男子を連れた母親が訪ねてきた。
「おー、今仕事からあがったところじゃらあ。お前は誰かな?」
「隣村の者でござり申す。この子を弟子にしてもらおうかと思うて来申したばって、名は勘助といい申す」
「かけ弟子か、住み込みかい?」
「住み込みで使うて貰おうと思うとり申す」
かけ弟子とは、通いの弟子である。
棟梁は勘助をじっくり見ながら、この子は見込みがあるかどうか見極めながらひと通りのことを尋ね、何とかなるかもしれないと住み込みの弟子にすることを決めた。
住み込みの弟子の仕事は、師匠の馬の草切りの仕事から畑仕事など一切合財であった。
これに耐え、見習い大工として現場に行くようになってもなかなか大工としての仕事は教えて貰えず、この間に辞める者も多かった。
勘助は、俺には大工は向かんので師匠は教えてくれんのかも知れないと思うようになった頃、兄弟子が言った。
「勘助、お前辞めようと思うとりゃせんか。どこの師匠に仕えても大した差はなかもんじゃ。
なるべく少しの給金でなるべく多くの仕事をさせようとするのが普通じゃ。
お前は大工の修行に来たのであろう。誰も大なり小なりこのようにして大工になったのじゃ。
これも修行のうちと思うて、勤勉・忠実・信義を養いお前が師匠離れしたときのことを考え、一生懸命修行せんか」

住み込み弟子の仕事は大工見習いよりも他に仕事が多かったので、三合星、五合星貰うようになるにはかけ弟子よりは数年遅れるのは普通であった。
三合星とは、大工の一日の賃金が百円とすれば三十円、五合星とは五十円のことである。
米一升が一日の賃金に値することからの言葉であろう。
八合星になると、師匠も安心して任せられるようになり、叱られたりすることもなかった。
師匠離れして一人前の大工になるには、一切自分の力で家一軒を作り上げなければならなかった。
大工になれず、八号星のままカンザー大工で終わる人もいた。
カンザー大工は弟子を持たずあっちこっちの師匠に雇われの大工である。

昔は丸太を動かないように固定し、鋸(ノコギリ)でエッコラエッコラ角材にわき、また、手斧(チョウナ)で削って梁や柱に仕立てた。
師匠と勘助は、両側からコツコツ、線に沿って手斧で削り始めた。一休みしたくても師匠は手を休める気配も無く、手を緩めると手斧は滑って足に切り込むこともある。師匠との呼吸を乱さないように一生懸命に削った。
ようやく師匠と尻合わせになった時は腰はしびれ、手斧を握った手は伸ばそうにも手斧を握り締めたままで、一本一本指を離したぐらいのときもあった。
平木は、平木割りの職人が杉の丸太を一定の長さに切り、一枚一枚手割りした。
平木針は竹剥を作り、油でいって作った。鉄針が腐っても竹剥は腐らなかった。

大工は、現在は建築職人の総称になっているが、奈良時代は官庁の技術官の職名で、建築技術者の最高位であった。
その下に小工などの職制があった。五合星や八合星のものは小工に属したのかもしれない。

いよいよ勘助も師匠離れする家造りの時が来た。
上の座、下の座、奥の間、地炉の間の四つを田の字型に設計して、これに土間板敷、炊事場を設けた。
中心の亭主柱は四方の切り込みである。組み合わせの墨打ちをしなくてはならない。
文字を習っていない勘助は上の座から○×△で印を付けたが、足りないのでトンボや鳥や魚など、いたずらに男や女の絵など色々と書いた。
棟上げになって、組み合わせになると順調に組み合わさってほっとしているところに、
「勘助、こけぇ来てみれ。どうしても合わんが」
切り取る所を残して、残さなければならないところを切り取っていたから、合うはずが無かった。
「勘助、こりゃ何某夫婦のようにバキーがどうしても受け付けんど。ごうらし何とかせんば亭主が泣きよんど」
と冷やかされながら作りかえて、一軒を仕上げた。

勘助は独立して大工になったが、勘助が造る家はどれも同型で、家を建てた大工が分かった。

(広報にしのおもて 市制の窓 昭和58年10月号に掲載していたものです)

めはじき・クチナシ水車

4_58_5.jpg

北西の季節風が過ぎると、種子島の春は本土より一足早くやってくる。
椿、桜、菜の花、桃など百花繚乱である。
子供の遊びもこの季節が最も多い。
絵は、オオバコの花茎を引き抜いて目と口に張る。すると顔の皮膚が引っ張られて面白く変わる。
その変化がたまらなくおかしくて、子供たちはお互いに「めはじき」をして笑いこけた。

梅雨期になるとクチナシの花が落ちる。香りのよいこの花に竹を通し、水車のように流れ川にさすと、クチナシの水車は気持ちよく回る。
本当の水車を見ては、子供なりにそのマネをして生産活動に参加しようとしている。
香りや色といい、子供が発見したこの水車は最高である。

(広報にしのおもて 市政の窓 昭和58年5月号)

左サイドMenu

はじめに



毎日の日記

月窓亭の紹介

関連情報

再録・市制の窓

月窓亭図鑑

来館者数

  • 11月の来館者数:392人
    総来館者数  :9422人
  • 10月の来館者数:404人
    総来館者数  :9030人
  • 9月の来館者数:403人
    総来館者数  :8626人
  • 8月の来館者数:825人
    総来館者数  :8223人
  • 7月の来館者数:496人
    総来館者数  :7398人
  • 6月の来館者数:426人
    総来館者数  :6902人
  • 5月の来館者数:588人
    総来館者数  :6476人
  • GW(4月29日-5月8日)の来館者数:324人
    総来館者数  :6219人
  • 4月の来館者数:251人
    総来館者数  :5888人
  • 3月の来館者数:644人
    総来館者数  :5637人
  • 2月の来館者数:295人
    総来館者数  :4993人
  • 1月の来館者数:366人
    総来館者数  :4698人
    2010年
  • 12月の来館者数:178人
    総来館者数  :4332人
  • 11月の来館者数:553人
    総来館者数  :4154人
  • 10月の来館者数:329人
    総来館者数  :3601人
  • 9月の来館者数:354人
    総来館者数  :3272人
  • 8月の来館者数:737人
    総来館者数  :2918人
  • 7月の来館者数:471人
    総来館者数  :2181人
  • 6月の来館者数:534人
    総来館者数  :1710人
  • 5月の来館者数:1140人
    総来館者数  :1176人
  • 4月の来館者数:36人
    (30日のみ)
  • 4月29日開館

    今後の予定

    ランキング

    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
    にほんブログ村

    ランキングに参加しています。 ぽちっと投票お願いします。

    ケイタイ版

    QR

    右サイドメニュー

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    Twitter

    twitpic

    facebook

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。